献血活動に参加しました

お知らせ

献血事業はSDGs目標3「すべての人に健康と福祉を」に属し、この項目では「あらゆる年齢のすべての人々に健康的な生活を確保し、福祉を促進する」(国連広報センターHPより引用)ことを目的としています。

 

富士商グループは、企業事業活動を通じ持続可能な社会の実現に貢献し、お客様から高い信頼を得て選ばれる企業を目指しており、その活動の一環として定期的にグループ会社に所属する社員を対象とした献血活動を行っています。

今現在、新型コロナウイルスの感染拡大による影響で、献血に協力する人が急減しており、このままの状態が続けば輸血用の血液が足りなくなる恐れもあるそうです。

弊社の場合、日中は配送業務に当たっている社員が多く、社員全員で参加することはなかなか難しいですが、こうした企業活動を通して社員一人一人が自ら考え、行動することで社会に対する広い見解を持ち、命の大切さや助け合うことの重要性を考える機会になればと思います。

今後とも弊社は献血活動に協力して参ります。

関連記事